ブログトップ

ぞうじょうまん【増上慢】

officebach.exblog.jp

しくはっく【四苦八苦】

の四つの苦悩に、
愛別離苦(あいべつりく)、怨僧会苦(おんぞうえく)、
求不得苦(ぐふとくく)、五蘊盛苦(ごうんじょうく)の四つを加えて八苦。
はじめの四つは、まぁわかる。
でも、あとの四つは何のこっちゃ、って感じ。
調べてみた。
愛別離苦:親・兄弟・妻子など愛する者と別れる苦しみ。
怨憎会苦:怨(うら)み憎んでいるものに会う苦しみ。
求不得苦:求めているものが得られない苦しみ。
五蘊盛苦:我が身の五蘊(「色」=身体、および「受・想・行・識」=頭脳)は常に盛んに活動して、刺激を求め続けているものであります。故に、一つの欲求が満たされても、新たな欲求がまた起きてくる。どこまでいっても満たされるということはなく、際限がなく苦しみ続けること。
さいごのは、最もむずかしい。
五つの要素(五蘊)、つまり色・受・想・行・識(身体・感覚・概念・心で決めたこと・記憶)のそれぞれに執着することが苦しみと説いているのであり、この五つの要素そのものが苦だと説いているわけではない、らしい。
苦しみについて理解することが、
こんなに苦しいなんて!
かくも、この世は苦しみだらけ、ということなんでしょう。
心して生きましょう。
[PR]
by officebach | 2012-07-29 08:40 | Hearts
<< 急な葬儀の相談相手 楽しみながらポイント貯めよう、... >>