ブログトップ

ぞうじょうまん【増上慢】

officebach.exblog.jp

あまのじゃく【天邪鬼】

日本各地の民間説話にも多く登場する天邪鬼ですが、
どれもパッとしません。
人の心を察し口真似などで人をからかう妖怪とされていますが、
最後にはたいてい踏みつけられ滅ぼされます。
日本古来の天邪鬼は、記紀にある天稚彦(あめのわかひこ)や
天探女(あまのさぐめ)に由来しています。
本来、天探女は悪者ではなかったが
天稚彦に告げ口をしたということから、
天の邪魔をする鬼、つまり天邪鬼となったと言われます。
また、「天稚彦」は「天若彦」や「天若日子」とも書かれるため、
仏教または中国由来の「海若(かいじゃく)」と
(かいじゃくがあまのじゃくと訓読されるので)
習合されるようになったものと考えられている。
いずれにせよ、たいした力のない妖怪のようです。
力がないからこそ、
わざわざ他人に逆らうつむじ曲がりのことを言うのでしょう。
本当に力あるものは、天邪鬼になどならなくていいですものね。
[PR]
by officebach | 2012-08-19 16:07 | Hearts
<< 夏旅応援キャンペーン 豪華プレゼント ロト6の極秘データを入手せよ >>